阿南病院

あいライフ 地域医療総合支援センター
menu

HOME > 患者さまへ > 転倒・転落防止対策へのご協力とお願い

転倒・転落防止対策へのご協力とお願い

入院中は環境の変化また病気やけがによる体力・運動機能の低下により思いがけない転倒やベットからの転落の危険が指摘されています。安全で快適な生活を送っていただけるように努力していますが、それでも、転倒・転落は発生しています。患者さま・家族の皆さまと医療者が情報を共有し転倒・転落の予防を行ないたいと考えます。入院生活をより安全にすごしていただくために次のことにご留意ください。皆様のご理解、御協力をお願いします。

入院生活でのお願い

1)療養器具の安全な使用について

ベッド

ベッドからの転落を防ぐため、ベッド柵を使用しましょう。

寝たまま床頭台の物をとらないようにしましょう。

降りるときはベッド柵が固定されていることを確認しましょう。

降りるときは両足をしっかり床に着けてから立ち上がりましょう。

床頭台につかまっての移動はやめましょう。

(*床頭台 ベッド横の小ロッカー)

車イス

深く座り、足台に足をのせましょう 

停止時はブレーキストッパを掛けましょう。

足台を上げてから降りましょう。

背にもたれすぎたり、前かがみはやめましょう。

点滴スタンド

歩行する場合は段差・カーテン・コードなどに注意しましょう。

寄りかかると動いて危険です。

その他

サイズにあった服・はきなれた(すべりにくい)履き物を準備ください。

自分で動く事が難しいときは必ず看護師を呼んでください。

2)身体抑制について

不穏(興奮・徘徊・せん妄)などの症状がある場合は、安全に治療を受けていただくためにやむを得ず抑制をさせていただくことがあります。身体抑制については説明・同意により開始しますが、緊急時には開始後に報告する場合があります、ご了承ください。

3)付き添いについて

付き添いが必要と判断した場合は御協力を御願いすることがあります。

患者様の入院生活が安全にすごせるように看護させていただいていますが、安全性を高めるためにはご家族のご協力が必要です。ご理解・御協力をお願いします。
ご不明な点は遠慮なく看護師にご相談ください。

阿南病院

〒399-1501
長野県下伊那郡阿南町北條2009-1
TEL:0260-22-2121(代表) FAX:0260-31-1014
Mail:anan@pref-nagano-hosp.jp

聴覚障害者対応FAX:0260-22-3213

ひとつ前に戻る