阿南病院

あいライフ 地域医療総合支援センター
menu

HOME > 病院紹介

阿南病院の特色

当院は、優しさと思いやりのある医療の提供を理念に掲げ、下伊那南部地域唯一の病院として、救急医療、在宅医療、各種健診業務、無医地区への巡回診療の実施など、地域に寄り添った医療の実現に向けて職員一丸となって日々取り組んでいます。

また、阿南介護老人保健施設(アイライフあなん)を併設し、福祉と連携したサービスを提供しています。

経過と概要

当院は、昭和20年に千葉医科大学が戦時疎開してきたことから始まり、昭和23年に長野県立病院第1号となり、結核の外科的な治療を特色としていました。

その後、がん治療に向けてコバルト60を全国に先駆けて導入するとともに、保健所と准看護学院を併設するなど、公衆衛生に先駆的に取り組む特色のある病院でした。 現在は、下伊那南部地域唯一の中核病院として初期医療及び二次医療を担っています。365日休むことのない救急患者の受け入れやヘリポートを活用して救急医療の中心的役割を担っています。

阿南病院の診療圏は高齢化率が40%を超えており、県下でも2番目の高齢化地域となっていることから、それに対応すべく、老人保健施設の併設やへき地巡回診療、訪問医療、訪問看護、訪問リハビリ、訪問薬剤師指導等の在宅医療に加え認知症への取り組みを開始しました。

さらに、地域の人口減少に歯止めをかけるべく、子供から老人までの幅広い医療の提供に向けて、平成26年に地域医療総合支援センターを開設し、少子高齢化の先進地域のなかで老人のみならず、少ない子供が安心して暮らせるよう手厚い医療を提供しています。

へき地巡回診療

昭和36年8月から、県の政策により無医地区解消のため阿南病院と須坂病院において、へき地巡回診療が開始されました。 阿南病院では、当時は上伊那郡箕輪村から塩尻を経て、木曽郡開田村、新開村、日吉村、楢川村の各無医地区と飯田市松川入り、大平地区を3泊4日をかけてジープで医師、看護師、運転手兼事務職員で巡回診療を行っていました。 昭和38年に木曽病院の発足により木曽地区への役割を終え、阿南町3地区と下條村の1地区となり、昭和45年からは薬剤師を加え、阿南町日吉、鈴が沢、宮沢地区となりました。 現在は阿南町日吉、鈴が沢の2地区を隔週で行っています。                      

当時の巡回診療の様子

阿南病院の特色の挿絵 阿南病院の特色の挿絵

平成26年から、モバイル端末を用いて電子カルテシステムによる処方オーダーや画像データ等のやりとりを開始し、検査結果に基づく診断・治療に効果を上げています。

阿南病院の特色の挿絵 阿南病院の特色の挿絵

また、携帯型X線装置や超音波診断装置を活用し、巡回診療や在宅医療における検査体制を充実させました。

阿南病院の特色の挿絵 阿南病院の特色の挿絵 阿南病院の特色の挿絵

在宅医療の推進

当院では、平成9年から訪問医療を開始し、現在、訪問診察、訪問看護、訪問リハビリ、訪問薬剤管理指導、訪問栄養指導を行っています。 高齢になって通院できない、自宅でリハビリを受けたい、薬を間違えずに飲めるか心配、どんな食事をどったらよいかわからない、など患者様が自宅で暮らすために医療スタッフ(医師、看護師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士等)が伺って診療を行いながら支えています。 ゆっくり流れる時間の中で病気だけを診るのではなく、患者・家族・地域の視点に立った診療の提供を目指し、患者さんにじっくり関わる診療を行っています。

阿南病院の特色の挿絵 阿南病院の特色の挿絵

下伊那南部医療介護連携モデルシステムの活用

阿南病院では、阿南町が構築を進めている地域包括ケアシステムの情報共有ツールとして、関係機関の医療・介護の連携の効率化を図るべく町と協働で国の基金を活用してモデルシステムを開発しています。

1、事業の目的

連携する医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、リハビリ等)や介護関係者(ケアマネジャー、デイサービス、訪問入浴、ヘルパー等)、その他関係機関の関係者及び家族等(以下、「連携者等」という)が、在宅及び介護施設等で医療を受ける方(以下、「在宅者」という)の病状変化及び医療・介護行為の情報を共有することで、支援の質的向上と、充実を図ることを目的とする。

2、事業の内容

阿南町が平成25年度に導入した特に医療措置が必要な在宅要援護者の在宅や介護、診療所等の見守り情報を管理するシステム(阿南町EIRシステム)を再構築し、医療介護間の情報共有を個人情報の保護に配慮しながら実現する。

3、関係する事業者

  

阿南町地域包括支援センター、富草診療所・新野診療所などの医療機関、後方支援病院(阿南病院)、訪問看護ステーションさくら、介護事業者 (阿南町社協、はなの木、いこいの家、アイライフ阿南、阿南荘・太陽の家)、JA阿南歯科診療所、飯田薬剤師会(あなん薬局、北条薬局等)、阿南学園、富草寮 など

4、対象者

  

当システムを活用したい阿南町内の住民(在宅要援護者など)及びその連携者

5、医療・介護関係者間で共有する情報

基本情報
患者氏名、生年月日、年齢、住所、電話/fax番号/e-mail 介護認定に関する情報
介護事業所等の住所、担当者、電話/fax番号/e-mail 障害等の情報(生保、身障、療育、精神保健福祉、自立支援 など)
主介護者・キーパーソンの住所、氏名 、続柄、電話/fax番号/e-mail 生活環境の情報、入院前に利用していたサービス、医療保険、介護保険に付随する情報
付属情報
主治医、担当の介護支援専門員に関する情報 (氏名・連絡先等) 患者・利用者とその家族の今後の療養についての希望
介護提供時等に得られた患者・利用者の状況や体調の変化、服薬状況 患者・利用者の家屋の状況
患者・利用者の食事接種状況、排泄状況等のADL 家族による介護の対応の可能性
患者・利用者の疾病、使用薬剤等に関する情報 患者・利用者とその家族への病状の説明内容と受け止め方
予測される体調の変化・対応方法、急変時に対応する医療機関、急変時の医療処置等に関する希望 在宅療養における注意点、在宅生活支援や介護の際の留意点
その他特記事項  

ひとつ前に戻る